戸山学院早稲田校の基幹教材である『すらら』は

東証マザーズ上場の『すららネット』が開発・運用しているクラウド型自立学習応援プログラムで、全国700以上の塾で導入されています。

 本校は2010年10月1日に導入し、受講者・保護者と相談しながら個別学習プランを作成し、目標設定と進捗管理を行っています。

 対象は小学校低学年から大学受験までですが、学年にこだわらず、柔軟に対応します。分かる所まで戻ることも出来ますし、先取り学習も可能です。

 また、公務員試験、看護学校入試、英語検定、

数学検定、TOEIC、SPI(非言語分野)などにも対応します。

 リアル・タイムで、個々の受講者の進捗状況を

塾長と保護者が把握できるため、無理なく無駄なく、急がず休まずの学習が続きます。