戸山学院早稲田校通学部の基本システム

 

 

 

理解→定着→活用→自信→やる気アップ

そして、安心の見守りシステム

 

 

2012年度 日本e-Learning大賞 「文部科学大臣賞」、

2016年度 「日本ベンチャー大賞」 社会課題解決賞

受賞した『すらら』 導入校

 

練馬区内で『すらら』導入校をお探しなら、

ぜひ、本校を御検討ください。

 最寄り駅は大江戸線・西武線の練馬です。

 

 

【選ばれる5つの理由】

 [その1] 一人ひとりに最適な学習カリキュラムをご用意できる

           次世代型学習システムを採用
戸山学院は、「アダプティヴ・ラーニング」の最新学習システムであるクラウド型自立学習応援プログラム『すらら』を採用しています。お子さまがどこで、どうつまずいているか瞬時に自動把握できるので、一人ひとりの学力・ペースに合わせた勉強法が身に付くように指導します。

 

[その2] 指導者は塾長だけ
都内公立中学教諭経験のある塾長がお子さま一人ひとりを責任もって直接指導します。 目標設定・進捗管理はもとより、進路相談や学校生活全般についての個別相談も大丈夫です。

 

[その3] お子さま、塾、保護者様のゴールデン・トライアングル

      でフォローは万全
戸山学院では、お子さまの学習状況(塾内学習・家庭学習)をメールで、毎日ご報告します。塾長とお子さまの1対1の信頼関係と、塾長と保護者様との連携が、「見守られている」という安心感を生み、お子さまの「やる気」をアップさせ、「成績向上」に繋がるのです。

 

[その4] 個別指導学習塾でも安心価格
戸山学院のシステムだからこそ実現できる、安心の授業料です。教材費、年会費、設備費などはいただいておりません。 ぜひ、年額でお考えください。

[その5] 自由な時間設定が可能 授業の振替・変更にも無料対応
学校の部活や習い事で多忙なお子さまにも、自分の時間に合わせて曜日と時間帯を選んでいただけます。急なご都合などでの授業の振替・変更にも、戸山学院では無料で対応します。

 

 

 

 

本科の紹介

 

📚小学生:国語・算数・理科・社会

 

🏫中学生:国語・数学・英語・理科・社会

 

🏝高校生:国語・数学・英語

 

🌎英検対策

 

📏数検対策

 

🛫漢検対策

 

🚙SPI対策

 

 

 

 

毎週1度の1対1の個別指導

 

 文部科学大臣賞を受賞した対話型デジタル教材【すらら】による「家庭学習」プラス毎週1度の個別指導(1対1)を組み合わせた指導方式です。全て塾長が対応します。

火曜日・木曜日・土曜日

①16時から16時50分

 

②17時から17時50分

 

③18時から18時50分

 

④19時から19時50分

 

⑤20時から20時50分

 

全て15400円(月額)

 

🎇小中5教科・高校3教科、

   家庭で学び放題となります。

 

 

 

入会金、年会費、設備費、教材費などは不要

 

まずは無料相談と無料お試しをどうぞ。

 

📚対応教科書

📐中学数学:東京書籍

      啓林館

      学校図書

      大日本図書

      教育出版

      教研出版

      日本文教出版

 

🗺中学英語:東京書籍

      光村図書出版

      学校図書

      三省堂

      開隆堂出版

      教育出版

 

📏高校数学:東京書籍

      啓林館

      教育出版

      実教出版

      第一学習社

 

🌏高校英語:東京書籍

      啓林館

      三省堂

      第一学習社

      文英堂

 

 

マンツーマン英会話レッスンと英文法レクチャーで

英検を目指しましょう

小学校から大学または大学院修士課程まで英語による教育を受け、英語を外国語として学ぶ生徒の弱点を熟知するフィリピン人講師陣によるマンツーマン英会話レッスン25分と文部科学大臣賞を受賞した対話型デジタル教材【すらら】による英文法レクチャー・ドリル・テスト25分のコラボで、アルファベット学習から英検2級合格まで導きます。

月額12000円で、入会金・年会費・教材費などは不要です。

御家庭では小中教科・高校3教科、学び放題のお得なプランです。

 

 

 

 急がず休まず、努力を続けることで、生徒は自信をつけていきます。

公立中学校教諭時代は集団指導、横浜の塾では講師と共に個別指導をして

きましたが、練馬では私ひとりで個別指導をおこなっています。

 

 小さな塾で私の手の届く人数で学習プランを作成しています。目標を定め、

進み具合をチェックしています。小学生は国語15分、算数15分、中高生は

国語20分、数学20分、英語20分の家庭学習を続けていれば、相当な効果が

あります。

 

 集中力が高まることで、学校の授業も理解が深まります。横浜時代の教え子ですが、

高校1年の夏休みに「中学国語」の総復習をしたら、2学期の全教科平均評定が、

学年トップになりました。