大学入試新テストの試行調査

 

 

現在の大学入試センター試験の後継で2020年度から導入される「大学入学共通テスト」の試行調査(プレテスト)が全国で実施されました、センター試験を実施する大学入試センターが11月10日と11日までの2日間の日程で各地の大学などを会場にして実施。約1850校の高校3年生ら約8万4千人が参加しました。

試行調査は昨年11月に続き2回目で、今回が最後。同センターは結果を分析し、本番向けの作問を本格化させることになります。共通テストは高校・大学教育と入試を一体で改革する国の「高大接続改革」の目玉。思考力や判断力、表現力を試す内容を目指しています。

 本番では国語と数学1・Aで新たに記述式問題を導入。昨年11月に実施した第1回試行調査では、条件を全て満たした正答率が0.7%と著しく低かった問題があり、難易度の設定が課題となりました。昨年の調査では、同センターは各問題の配点を示しませんでしたが、今回は明示し、全体の正答率は5割を目標に作問したそうです。
 同センターは18年度内に試行調査の結果を公表し、共通テストの実施大綱を19年度初頭に公表する予定。

 
 戸山学院早稲田校の英語授業は基幹教材『すらら』によりリーディング、ライティング、リスニングを行い、小学校から大学まで英語による教育を受けたフィリピン人講師陣によるスカイプ・マンツーマン英会話レッスンによりスピーキング能力向上に努めています。

共通テストでは英語の「読む・聞く・書く・話す」の4技能を評価するため同センターが認めた民間検定試験も導入。受験生は民間試験を4~12月の間、2回まで受けられます。23年度までは同センターによる従来型のマーク式試験と併存し、24年度以降は民間試験に一本化する方向。