私立中学の特待生入試

 戸山学院早稲田校は数値化できるものは数値化します。

1、塾の受講料

2、学校の授業料

3、生徒の現在の学力

 

ここまでは数値化出来ます。

しかし、「生徒の将来の学力」は、どうでしょうか。

勿論、経験則に基づく期待値を示すことは出来ますが、

前述の1から3ほど明確にすることは出来ません。

 

A大学進学を希望する小学生がいるとします。

 

B中学(学年定員200名)はA大学及びA大学と同じぐらい入学が難しい大学に

毎年、150名ぐらいが進学しています。

 

C中学(学年定員200名)はA大学及びA大学と同じぐらい入学が難しい大学に

毎年、10名ぐらいが進学しています。

 

B中学には特待生制度がありません。

C中学には特待生制度があります。

 

B中学の入試は厳しく、対策期間は36か月が標準

C中学の入試は、それほどでもなく、個人差はありますが、

対策期間は12か月から24か月

 

B中学入試対策塾の受講料は36か月で200万円ぐらい。

C中学入試対策塾の受講料は12か月で25万円ぐらい。

             24か月で50万円ぐらい。

 

B中学進学者の相当数は、塾へ200万円、中学に200万円、合計400万円は

考えておく必要があります。

C中学に特待生で進学する場合は塾に25万円から50万円で済みます。

一般合格なら地元公立中学進学です。

 

 

戸山学院早稲田校は、このような考え方に基づき、私立中学特待生入試対策プログラムを

用意しています。