2019都立入試を振り返る

 中学2年生の皆さん、昨日おこなわれた都立入試の問題と正解を

見て、色々と考える週末かも知れませんが、どこに注目しますか。

 

 5教科ありますので、絞って観察し、打つべき手を考えましょう。

 

1、すぐ出来るのは、国語の漢字を見ることです。

  読みが5題ありますが、見たことがある漢字がゼロの人は

  本、新聞、雑誌に手を伸ばす前に、国語の教科書を何回か

  読みましょう。

  かなり深刻な事態です。

 

2、社会科の歴史分野で出てくる人名が、全く記憶にない人も

  大変です。

  とりあえず、歴史の教科書を10ページ分、見て、知らない人名を

  ピックアップしましょう。

  1ページに1人知らない人がいたら、全部で相当な数になります。

 

3、英語は、700語ぐらいの長文を7分で読み、3分で設問に

  解答する必要があるので、とりあえず、中学2年の教科書を

  1分間、音読し、何語になるか確認しましょう。

  入試は初見の文章で、教科書は既に習った文章なので、教科書の

  音読で分速100語いかないと、入試で黙読100語は無理だと

  思われます。