大学中退リスク

 大学進学の目的は大学卒業ですが、中途退学する人もいます。

 

中途退学した場合、以下の損失があると考えられます。

 

1、大学の学費

  

2、高卒で就職していたら得られた賃金

 

 ここまでは数値化出来ます。1年生で退学なら、合計300万円ぐらいかも

知れません。

 

 さて、どんな学生が、中途退学しやすいのか、考えてみましょう。

何でもそうですが、準備不足で、思わぬ不利益をこうむることが

あります。

 小学校は初等教育機関、中学は前期中等教育機関、高校は後期中等教育機関、

そして、大学は高等教育機関で、相応の覚悟が必要な学びの場です。

 現在は入試形態により、進学先決定から入学までの期間が随分違います。

AOや指定校推薦の場合とセンター利用や独自入試では、数か月も差が

あります。

 本来は、進学先が決まれば、入学後に備えて、勉学に励むべきですが、

そうでない高校生が多いのが現実です。

 

 

最近、「入学前教育」をオンラインで実施する大学が増えているのは

卒業率を上げるためと思われます。

 

大学進学が決まってから

塾に通うという選択肢もあるのです。