都立入試2019国語(大岡信)

 

2019年2月22日の入試国語で白洲正子と大岡信の対談が

出ました。

白洲正子の作品については、ブログで書きましたので、今回は

大岡信について少々。

 

都立国際高校校歌の作詞者

これは、あまり知られていないかも知れません。

当時の副校長先生が大岡博先生の門下で和歌をたしなんでおられ、

その息子さんが詩人の大岡信先生だったそうです。その御縁で、

作詞を依頼したのですが、「恋」という言葉があり、皆驚いた

そうです。おそらく、校歌の歌詞に「恋」があるのは本校だけと

元副校長先生もおっしゃっています。

 

1、『詩の誕生』

2、『日本の詩歌』

3、『折々のうた』シリーズ

4、『うたげと狐心』

5、『あなたに贈る日本文学史』

6、『私の万葉集』

7、『万葉集を読む』

8、『詩の時代としての戦後』

9、『古今和歌集の世界』

10、『歌仙の愉しみ』丸谷才一との共著