不登校の皆さんへ:オンライン学習による出席扱い要件

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/04121502/06041201.htm

 

 

不登校児童生徒が自宅においてIT等を活用した学習活動を行った場合の指導要録上の出欠の取扱い等について(通知)

 

 

文部科学省初等中等教育局長
銭谷 眞美

 

 学校への復帰を目指す不登校のお子様にとって、出席日数が足りないことが不利になってしまうケースがあります。たとえば高校受験では、内申書の点数が合否に影響することも少なくありません。

 文部科学省は、家庭に引きこもりがちで十分な支援を受けられない不登校の児童・生徒に対し、IT等を活用した自宅学習で出席扱いにするという方針を定めました。戸山学院早稲田校オンライン部で導入している『すらら』は、その要件を満たすことのできる教材です。

 

 詳細につきましては、まず、ご相談ください。それから、学校側と協力しながら、学習を進めていくことになります。

 

 

不登校生徒の出席扱い要件の6項目

文部科学省は、6項目を挙げていますが、まずは、担任の先生に、文部科学省の通知文を読んでいただき、協力してくれるようにお願いしましょう。