紙の本を読む意義

紙の本が出来上がるまで、複数の人が関わります。

 

1、著者

  まずは、本を書きたい人が原稿を書きます。色々な本・雑誌・新聞などを読んで、参考にしたり、

  必要と思われる写真を撮影したり、インタビューをしたりします。理系の内容なら、見つけたデー

  タの計算を自分でやり直し、チェックすることもあります。

 

2、編集者

  著者が書いた原稿を読んで、言葉の間違いや数字が正しいかどうかなどをチェックします。

 

3、著者

  編集者から戻された原稿を見直して、編集者に渡します。

 

4、編集者

  その原稿を再度チェックします。

 

 このやりとりが数往復することもあります。ブログやツイッターの場合は、自分で考えたことを、そのまま、書くことが出来て、それが、即座に人の目に触れることになりますが、本の場合は違います。即時性ということではネットは優れていますが、人間は間違うこともあるので、正確な情報を得るためには、紙媒体がお勧めです。