国語力を伸ばす方法

土台としての国語力

いくら文法や公式を暗記していても、そもそもの設問の内容が正確に読みとれなければ、その知識を使う最初のスタートラインに立つことができません。
「国語はすべての教科の土台」と言われる理由は、まさにここにあります。

 

そこで、戸山学院早稲田校の国語では、正確に文や文章の内容を理解できるようになる、ということにポイントを絞ってカリキュラムを構成しています。

どんな文章でも理解できる、本質的な読解力へのこだわり

一般の参考書や問題集では、たくさんの文章とそれに付随する設問が示され、その設問に関する解説が示されるというものが大半です。しかし、入試で教科書や参考書と全く同じ文章や設問が出る、ということはほとんどありません。

 

そうであれば、必要なのは個々の文章や設問に関する知識を深めることではなく、どのような文章であっても正しく内容を理解できる「読み解き方」です。

 

戸山学院早稲田校ではこの点に徹底的にこだわりました。

一文レベルをマスターすると、次は1〜2段落程度のまとまった文章の読み取り方です。
文と文の集合によって文章は形成されていますので、ここではそのつながりを決定する文脈的要素をおさえ、 筆者の主張とそれ以外の箇所を見分けるといった、論理的読解の初歩のトレーニングを行います。

 

そして、最後は長文読解です。
短い文章が集まって長文は形成されるので、ここでは段落と段落のつながりや関係性をつかむという、論理的読解を完成させるトレーニングを行います。

 

一文が正確に理解できなければ文章の正確な理解はできません。
ですから、まずは一文の正確な読み取りからスタートし、一文の中での重要な部分を的確に押さえられるようになるトレーニングを行います。

こうして、どんな文章でも読み解くことのできる読解力を、段階的に身につけることができるのです。

入試直結の実戦力も身につく!

戸山学院早稲田校の国語は、単に正しい読み方を身につけるだけではありません。
身につけた読解力を、実施の入試問題ではどのように使っていけばいいか、その実戦力の養成にも重点を置いています。

 

中学生版のLesson101からは、学校の教科書では学ぶことのできない、空所補充問題や記述問題にどのように対処するかといった解法を伝授しています。
それまでに身に着けた読解力を、設問のパターンごとにどのように活用すればいいかを学習するのです。

 

その後に続くLesson 116-145では、実際の試験で使いこなせるようになるための多くの実践問題も用意しています。 

基礎的な読解力を養った上で、問題別の解答テクニックを習得・演習することで、短い時間で効率的に問題を解いていくことができるようになるはずです。

また、高校生版では、大学入試を見据えて、さらに強力な武器をプラスオン。

 

大学入試の評論文では、その問題文の意味自体が分からないというような、難解な文章が出題されることが 多いです。
そこで、最低限必要となる知識の部分について、歴史的・文化的背景を踏まえて学ぶことができるレクチャーを用意しました。
この知識は、評論文を読む際の手助けとなるだけではなく、小論文において自分の意見を述べる際のバックグラウンドともなります。 勿論、小説を読む上でも、時代背景を知ることは大きな意味があります。また、英語長文読解においても、そうした知識があれば、全体像を把握しやすくなるのは間違いありません。

大学入試コース

 

センター試験をはじめとする、主要大学の対策ができるコースです。
各校の出題傾向をベースにした、効率的な学習ができます。

対象となる大学

国公立大学、

関西大学、

関西学院大学、

同志社大学、
立命館大学、

明治大学、

青山学院大学、

立教大学、

法政大学、
中央大学、

日本大学、

早稲田大学、

上智大学