小学生及び保護者の皆さん、中学校入学前に、部活の年間活動時間について考えてみましょう。運動部活動の在り方に関する総合的なガイドラインが参考になります。

スポーツ庁は、運動部の活動時間に関してガイドラインを

出しています。

 

平日は4日以内、1日2時間程度

土日は1日以内、1日3時間程度

毎週11時間以内

 

https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/shingi/013_index/toushin/1402678.htm
運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン

 

毎週11時間で52週間なら572時間(34320分)となります。学校が月曜日から金曜日まで6時間授業なら30コマ(1500分)

夏休み、冬休み、春休み、祝日、運動会、文化祭、合唱コンクール、

修学旅行、遠足、入学式、卒業式、定期考査などもあるので、実質35週間とすれば1050コマ(52500分)となります。

 

部活:34320分(年間)

授業:52500分(年間)

 

国語:140コマ(7000分なので116時間ぐらい)

社会:105コマ(5250分なので87時間ぐらい)

数学:140コマ(7000分なので116時間ぐらい)

理科:105コマ(5250分なので87時間ぐらい)

英語:140コマ(7000分なので116時間ぐらい)

5教科年間授業の合計:523時間ぐらい

 

 つまり、スポーツ庁ガイドラインで実施される部活動は年間合計で見ると、5教科の授業時間を超えるので、どの部活にするかは中学校生活で大きな意味を持ちます。

 

 

 

仮に次のような活動を行うとどうなるでしょうか。

日曜日の7時間が52回なら年間364時間(21840分)となります。年間56160分となり、年間授業時間(52500分)を上回ることになります。

 

月曜日:2時間

火曜日:2時間

水曜日:オフ

木曜日:2時間

金曜日:2時間

土曜日:3時間

日曜日:7時間