リーディングから始めて国連職員に

1、リーディング

  自分のペースで調べながら理解し、語彙増強

2、リスニング

  話者が使える文法と語彙の範囲

  ここで語彙増強は困難。

  テストであれば、2回聴けることもある。

  練習であれば、英文を目で見ることも速度を遅くすることも可能。

3、ライティング

  自分の知っている範囲の文法と語彙を使用。

4、スピーキング

  自分の知っている範囲の文法と語彙を使用。

 

 この順番になりますが、注ぐべきエネルギーを25%ずつと

いうことにはなりません。リーディングの段階で、文法を理解し、

語彙を増やさないと2,3,4と進めるのが難しくなります。

英文法を鍛えて、語彙を増やすのが総合的な英語力向上の

王道なのです。

 

中学1年:英検5級

中学2年:英検4級

中学3年:英検3級

高校1年:英検準2級

高校2年:英検2級

高校3年:英検準1級及び1級

大学と大学院(修士課程)はカナダ

そして国連職員となった教え子がいます。

 

語彙増強はリーディングで行うしかないことを

理解し、実践しました。大量の情報を得るには

リスニングは時間を要するし、地図やグラフ

聴解するのは至難の業ですから。