保護者の皆さん、子供の教科書を読んでみませんか?

 御自身の時代と比べてみるのも面白いと思いますし、お子さんとの共通の話題にもなります。手が届く所に宝物があるということかも知れません。例えば、中高の英語の教科書に登場する日本人のアルファベット表記はファミリー・ネームとファースト・ネーム、どちらが先か、御覧になると分かります。「ゆかわ・ひでき」か「ひでき・ゆかわ」か、気になりませんか?