⌚50分:6時間授業と40分:7時間授業⌚

 中学では50分授業が6回あるのが普通ですが、3か月間の空白を埋めるために40分授業を7回行うという選択肢があるかも知れません。

 私も都内公立中学教諭でしたので、そうした気持ちはよく分かりますが、現実問題として、教員と生徒の疲労度が増すだけだろうと思います。

 普通教室、理科室、音楽室、調理室、被服室、木工室、金工室、コンピューター室、体育館、グラウンド、プールなどを使いますので、1日の移動回数が増えて慌ただしくなります。

 宿題を増やすのも小テストを増やすのも、生徒の負担が重くなるのは間違いありません。

 2020年7月に留意すべきことは「熱中症」と「コロナ」だろうと思います。容易なことではありませんが、まずは生徒の健康が最優先です。