完璧主義は捨てましょう

 人間がやることで「完璧」というものがあるとしても、受験は合格すれば良いのですし、勉強以外にすることあるので、急がず休まず無理なく無駄なく楽しくやりましょう。

 それから、現実問題として、「高得点」を狙い過ぎると、疲れてしまいます。学習時間を増やす前に、その方法で良いかどうか、考ええてみましょう。旺文社を創業した赤尾好夫氏は、受験生に、成功者の言葉を聴くように勧めています。