高卒対象採用試験の一般常識問題対策は主に5教科の既習事項から出題されます。

1、国語:漢字の読み書き、四字熟語、ことわざ、同音異義語、

     慣用句、文法、構文、文学史など

2、社会:日本史、世界史、政治、経済など

3、数学:計算問題、方程式、不等式、割合、数の法則性など

4、理科:物理の単位、化学の物質名、化学式、遺伝子、環境破壊など

5、英語:スペリング、複数形、熟語、書き換え、英文の誤り探しなど

     文法、英文の要約、説明文と合致する語句を選ぶ問題など

 

中高の教科書を丁寧に復習しておくと良いでしょう。

①複数の作業を並行して行う経験は入社後も役立ちます。

②どんな会社も「計画的」に動きます。

③採用試験対策は、入社するために行いますが、必要な情報を素早く

 見つけ、それを組み合わせて考え、どうすべきか決め、行動に移すと

 いうのは、どの業界でも変わりません。

 

高校生⇒社会人

 

学費を払う人⇒給料をもらう人