ボイス・オブ・アメリカ

https://learningenglish.voanews.com/

 

 

 『アメリカの声』を短波放送で聴いて、英語の勉強をしている人は、世界中にいました。英語を母語としないリスナーのために「語彙を制限」し、「速度を落とした」特別プログラムがあったからです。

 英語を母語とする話者にも、「ゆっくりでありながら自然な英語」に

聴こえるようにアナウンサーたちは工夫を凝らしていたようです。

 今はネットで英文を見ることが出来ますし、クリアな音を聴くことが出来るので、英語を外国語として学ぶ人にとっては恵まれた環境だと思います。

 ただし、受験生にしてみれば、競い合う相手も同様の学習環境にあるということは忘れてはいけません。